未分類

キシル、カスカラ

「コーヒー実は食べれるの?」


そんな質問はよくあります。


コーヒー豆は種子なら果肉はどうしちゃうの?


簡単に説明すれば、「食べれるけど食べるほど果肉は多くないし、凄い美味しい訳でもない。」といったところでしょうか。


果肉部分はコーヒー豆の品質を決めるうえで重要な役割があります。


完熟するほど美味しくもなり、精製方法の段階で味や風味も左右される部分です。


最終的には果肉部分は廃棄され役目は終えます。


ただ絶対に食べないわけではありません。


イエメンではキシルという飲み物があります。


ナチュラル精製(天日乾燥)したコーヒーの果肉部分(殻)をさらに乾燥してスパイスなどと一緒に煮だして飲みます。


コーヒーよりも安価で現地の人は良く飲むそうです。


中南米ではカスカラといい、カスカラティーとして商品化してるそうです。


果肉の部分を食したり、煮だしたりすることはコーヒーの歴史的にも古く、コーヒーのルーツとも言えます。


IMG_20180612_120129_convert_20180613111931.jpg 
今回少し購入できる機会があったので飲んでみました。

IMG_20180612_120513_convert_20180613112021.jpg 
購入先のおすすめで紅茶のような淹れ方で飲んでみました。

IMG_20180612_121617_convert_20180613112056.jpg 
出がらしは水分をすってコーヒーの実だというのがよくわかります。


味はコーヒーより紅茶に近いですね。


爽やかでフルーティーですが、少し渋みも感じました。


今回購入したものはゲイシャ種らしいので、普通のものよりもよりフルーティーみたいです。


やっぱりコーヒーの方が良いですね。


その他にもコーヒーの実のジャムなどグァテマラなどではあるそうです。


機会としてはなかなか無いとは思いますが、チャンスがあったら是非お試ししてほしいです。
スポンサーサイト

携帯もどる

プライベートな連絡です。


携帯直りました。


ご迷惑おかけしました。

東京出張

昨日はSCAJが主催するセミナーに参加する為、東京へ出張しました。


IMG_20170714_010845_convert_20170714012641.jpg
セミナー内容はコーヒーではなくチョコレートの世界を勉強です。


数年前はワインのお話を聞かせていただいたりと、コーヒー以外の事も協会では勉強させていただいています。


今回もとても勉強になりました。


IMG_20170713_165400_convert_20170714012655.jpg
何かとセミナーや仕事など東京に来ることがありますが、来るたびに凄い街だなと実感します。


東京駅近郊を歩いていると、人の多さに息苦しさは感じますが、お洒落な店が多くキラキラしています。


バスの待ち時間に大きな書店に寄ったのですが、コーヒー関連の本の品揃えに感動。


自分も東京育ちですが、東京ってやっぱ良いなと思います。


そんなことを思うたび、東京に住んでいたころを思い出します。


珈琲屋を夢見て頑張って時期を。


あの頃は色んな壁にぶち当たって四苦八苦していたけど、まだ気楽だったなと今になって思います。


今は楽しいけど大変です。


やらなきゃいけないことも多く、体以上に頭が疲れてきました。


でも頑張り時です。


今月はあと2回東京に出張です。


また色々考えそうです。



携帯電話故障しました。

プライベートな連絡です。


携帯電話が故障しました。


修理中につき暫く携帯電話の通話、LINEでの連絡は取れませんのでよろしくお願いします。


FBのMessenger、Gmailは使えますのでそちらにどうぞ。


あとは店の電話、メールにご連絡ください。


よろしくお願いいたします。

喫茶グリ 1月18日(水)のメニュー

本格的に寒くなってきました。


車はノーマルタイヤでチェーンも用意してないので、雪だけが心配です。


さて
、喫茶グリのメニューは変更します。

ランチは「鶏のクリーム煮とかぶのグラタン」。


デザートは変更なしの「ガレット デ ロワ」です。


先週から新しくなった季節のコーヒーは「直火式エスプレッソ」です。


エスプレッソといえば電動式のエスプレッソマシンがメジャーとなってきましたが、こちらはイタリアでは一般家庭に当たり前のようにあるといわれている直火式のエスプレッソです。


マシンのように大きな圧力で瞬時に抽出するのではなく、沸騰した蒸気圧で抽出する構造となっております。


エスプレッソのおいしさの要素であるクレマ(コーヒーのクリーム状の泡の層)はできませんが、しっかりとしたコクは十分楽しめます。


良い豆で作ればどんな抽出器具でも美味しい訳ですね。


ヨーロッパでも近年はドリップコーヒーを飲むようにはなってきましたが、基本はエスプレッソ文化。


フランス料理のついでにエスプレッソでもいかがでしょうか。


お待ちしてます。


1月18日のメニュー

メニュー  ¥1200
 ・鶏のクリーム煮
 ・かぶのグラタン
 ・サラダ
 ・パン
 ・コーヒー

 デザート ¥380
 ・ガレット デ ロワ

ドリンク  *TAKE OUT 出来ます。
・ブレンドコーヒー
 マイルド ブレンド  【中煎り】  ¥450 100g/¥560
 ドゥ ムートン ブレンド  【中深煎り】  ¥450 100g/¥560
 イタリアン ブレンド  【深煎り】  ¥450 100g/¥560
・ストレートコーヒー  *毎週変更します。
 ドミニカ ハラバコア  【浅煎り】  ¥500 100g/¥660
 タンザニア タンザニア  【中深煎り】  ¥450 100g/¥610
 インディア APAA  【深煎り】  ¥450 100g/¥560
・季節のコーヒー
 直火式エスプレッソ
・その他 ドリンク ¥300~



ランチ・デザートには数に限りがありますので、ご来店前に予約・確認をお願いいたします。
*ランチの数は前回等の数をもとに作っています。沢山の方に召し上がっていただきたいので、
4日前までにご予約していただけると非常に助かります。ご協力お願いいたします。


gris
営業時間  11:00~16:00 (ラストオーダー 15:00)
住所  〒288-0041千葉県銚子市中央町13-5大勝堂ビル2F
TEL  0479-26-3221 
HP   http://www.gris.co.jp/


「ガレット デ ロワ」は中深煎りや深煎りのコーヒーとよく合います。


是非ご一緒にどうぞ。



FullSizeRender_convert_20170117150115.jpg

IMG_2892_convert_20170117151736.jpg