2011年03月

接客

久々に都内のイタリアンで食事をしました。


P2011_0330_191212.jpg
渡り蟹のスパゲッティ。
蟹自体久々に食したので大満足です。


P2011_0330_191654.jpg
ピザ マルゲリータ。
ベタだけど初めての店は必ず食べます。その店の良さがわかります。


P2011_0330_215239.jpg
ティラミス。
実は人生で二度目でした。なかなか美味しかった。


食後のエスプレッソはとても薄く、がっかりしました。


イタリアン、フレンチなど食事でのコーヒーはいつも満足できない事が多いです。


お店側の事情もあると思うが、良い状態の豆を安定して提供できない事が一番の理由でしょう。


最近はコーヒーにも力を入れている店も増えてきていますが、最後の締めくくりも美味しくいたただきたいものですね。


また、この食事でチョットしたハプニングがありました。


お店が混んできたのですが、待つお客さんの中に外国の方のグループが。


しばらくするとその外国の方達とお店の人との言い争いが。


外国の方々はラテン系の人たちだったのですが、もの凄い剣幕に怒っていました。


「人種差別だ!」とか「お客は神様だろ!」など言った挙句に平手打ちのビンタまで。


理由はわかりませんが、怒られていた店員さんは私自身も接客態度が悪いなと思っていたので仕方ないなと。


結局30分以上の争いが続きました。


周りのお客さんの事も考えてほしいものです。


接客というものはとても大事な仕事です。


良いもの出しても、接客つまりサービスがなっていないと悪いものになってしまいます。


お店に入って、お店を出るまで気持ちの良い時間が過ごせるお店こそ良いお店でしょう。


おもてなしの心こそサービスだと思います。


しかしながら怒っていた外国の方の「お前なんか津波で死んでしまえ!」の発言にはいただけないです。


そう思う私です。


スポンサーサイト