2014年09月

「SCAJ2014」に行ってきました。

写真 1
先日東京ビックサイトで行われていた「SCAJ2014」に行ってきました。


毎年恒例ですが今年も当然行ってきました。


珈琲屋として大事なコーヒー市場の最新情報をチェックし、珈琲豆や珈琲器具など今後に役立てれそうな物はないか色々と見て来ました。


写真 2

写真 3
バッハコーヒーのブースでは師の田口先生を含むいつもお世話になっている方々にも会えました。


写真 4
普段エスプレッソは専門外なのでこんな時こそカプチーノを。


今回もセミナーに参加して勉強もしてきました。


いつもながら満足する一日になりましたが、今回は自分の未熟さや成長を感じる日だったきがします。


さて今年の「SCAJ2014」ですが来場客の多さに驚きました。


特に一般来場客が目立っていた気がします。


近年のサードウェーブや競技会の影響もあるのかと。


個人的に競技会に意識した事は無かったのですが、競技会会場近辺は特に盛り上がってるのは確かです。


競技を観ていていつも思いますが、華やかです。


競技姿もキラキラしてます。


優勝者や入賞者にもなるともうスター並みの扱いです。


きっと「当店スタッフはチャンピヨンになりました。」なんて事になれば、来客も増えるでしょう。


なんかカッコいいですね。


最近ではハンドドリップや味覚を争うカップテイスターズなど当店にも関わりがありそうな競技も増え、出でみたらと勧められたりもします。


競技参加者のほとんどがそうかもしれませんが、自分のスキルアップを考えたらとても良い事だと思います。


事実今回とある優勝者の実力を目の当たりにして驚きました。


大きな事にチャレンジする。


悪くないですね。


しかし私の中にある理想の珈琲屋はあまり外に出ず、黙々と自分の庭でどっしり構えて来たお客さんをおもてなす事なので競技会に出るというのには少し理想に反する行為なんですよね。


当たり前ですが、お店を休みがちになったり意識が違う方に行きそうな気がして怖さがあります。


しかしながら今回魅力を感じました。


いずれ『参加して優勝。世界大会辞退で今後不参加。』


っていうのもありかな。


とにかく良い一日でした。


そう思ってる私です。
スポンサーサイト