2017年09月

紙コップ

テイクアウトで注文する際、必ずと言っていいほど紙コップで提供されます。


専門店やコンビニ、イベントでのコーヒーでは当たり前かもしれません。


当店でもイベント出店の際は使用している紙コップ。


実は非常に悩んでいました。


なんか美味しさが半減しているんですよね。


使用してる人たちの中には知っているのかもしれませんが、個人的には気になってしまうんです。


イベント出店は「宣伝」の名目があるのに、宣伝材料のコーヒーの味が落ちるってのもどうかと。


厳密には「店で提供するカップで飲むより味が落ちる。」なので、コーヒー自体は美味しいから紙コップでも良いだろうという話なんですよね。


だけどやっぱりより美味しいの方がいい訳で、悩んでいました。


近くあるイベントでは今まで以上にコーヒーの良さを伝えたいと思っているので、本格的に対策を。


IMG_20170928_151051_convert_20170928153634.jpg
そこで考えたのはインサートカップ。


オフィスなんかではよく見るカップ。


本来は室内で使うのかもしれませんが、とにかく味はどうなのか比較してみました。


結果にびっくり。


香りや風味が全然違います。


どちらかというと普通のコーヒーカップに近い味わいです。


多分ほとんどの人がこっちの方が美味しいと答えるんじゃないでしょうか。


イベントでは蓋ができなかったり、任意でホルダーを返却してもらうなど困る部分はありますが、今回は味重視。


これで行きます。


サードウェーブ系のお店などテイクアウトが中心のお店も多い昨今。


今後自分のお店でもテイクアウトコーヒーはやると思いますので、カップの進化に期待したいですね。


スポンサーサイト