表現は難しい

「レモンのような~」「苺のような~」「ピーナッツのような~」


スペシャルティコーヒーの発展により、様々な風味特性を持ったコーヒーが増えてきています。


そんなコーヒーの個性を表現する際に、様々な比喩をつかって表現されます。


20160305_4199404_convert_20170707180151.jpg
これらの表現はコーヒーフレーバーホイールなどを参考にするなど、現在のコーヒーを評価する際にはとても重要なものとなっています。


私自身これらの表現は仕入れの際や自分の店以外で飲む際など参考材料となっています。


しかしながら、時に疑問に思うことがあります。


同業者やコーヒーマニアにとっては当たり前な事なのですが、そうでない方にとっては混乱の材料になっている気がします。


事実、うちのお客様の中にはわからない方も多く、わからない事にショックを受ける人もいます。


初めての人に「これはレモンのような風味がしますよ。」と言えば、完全なレモンを想像し、「メープルシロップのような甘味。」と言えば、ものすごい甘いメープルシロップを想像してしまいます。


「えっ!!全然感じない!」「どこが?」「私の舌おかしいのかな?」


不安になる方もいます。


例えばパナマのゲイシャ種のようなとても風味が強いコーヒーならば納得する人も多いでしょう。


スペシャルティコーヒーならばすべてはっきりとした比喩ができるほど強い風味があるわけではありません。


おそらくかなりの種類のコーヒーがあるわけですから、違いを表現するには微量でも表現してしまうんだと思います。


個人的に問題だと思うのは、業者間ならばそれでも良いと思うのですが、コーヒー素人のお客さんに対してもその表現で販売することです。


考え方にもよります。


こういった表現はコーヒーの魅力にもなりますし、味覚の向上にもなると思います。


ただ「美味しいコーヒー」を飲みたいだけの人には、敷居が高くなり逆にコーヒーから遠ざける要因になる気がしてなりません。


もっと「なめらか」とか「爽やか」などざっくりとした表現で済むならそれの方が分かりやすいと思います。


慣れてきて、コーヒーの世界に興味をもってくれた方にそういった表現を説明していく流れがベストな気がしています。


しかしながら、とても強い風味があるコーヒーが増えてきました。


「苺のような香り」が誰でもわかる時代もそう遠くはないかもしれません。

スポンサーサイト