キシル、カスカラ

「コーヒー実は食べれるの?」


そんな質問はよくあります。


コーヒー豆は種子なら果肉はどうしちゃうの?


簡単に説明すれば、「食べれるけど食べるほど果肉は多くないし、凄い美味しい訳でもない。」といったところでしょうか。


果肉部分はコーヒー豆の品質を決めるうえで重要な役割があります。


完熟するほど美味しくもなり、精製方法の段階で味や風味も左右される部分です。


最終的には果肉部分は廃棄され役目は終えます。


ただ絶対に食べないわけではありません。


イエメンではキシルという飲み物があります。


ナチュラル精製(天日乾燥)したコーヒーの果肉部分(殻)をさらに乾燥してスパイスなどと一緒に煮だして飲みます。


コーヒーよりも安価で現地の人は良く飲むそうです。


中南米ではカスカラといい、カスカラティーとして商品化してるそうです。


果肉の部分を食したり、煮だしたりすることはコーヒーの歴史的にも古く、コーヒーのルーツとも言えます。


IMG_20180612_120129_convert_20180613111931.jpg 
今回少し購入できる機会があったので飲んでみました。

IMG_20180612_120513_convert_20180613112021.jpg 
購入先のおすすめで紅茶のような淹れ方で飲んでみました。

IMG_20180612_121617_convert_20180613112056.jpg 
出がらしは水分をすってコーヒーの実だというのがよくわかります。


味はコーヒーより紅茶に近いですね。


爽やかでフルーティーですが、少し渋みも感じました。


今回購入したものはゲイシャ種らしいので、普通のものよりもよりフルーティーみたいです。


やっぱりコーヒーの方が良いですね。


その他にもコーヒーの実のジャムなどグァテマラなどではあるそうです。


機会としてはなかなか無いとは思いますが、チャンスがあったら是非お試ししてほしいです。
スポンサーサイト